So-net無料ブログ作成
検索選択

小野リサ meets パウロジョビン [音楽]

今年のブラジル音楽月間第2弾は前回のセルジオメンデスと同じ東京ミッドタウンにある
ビルボードライブ東京で行われた小野リサとパウロジョビンのライブです。
小野リサのライヴは昨年のブルーノート東京にも行っているのとまだまだ他に観たい
アーティストもいるので今年は見送ろうかと思っていたのですが何とボサノヴァの父と
呼ばれるアントニオカルロスジョビンの息子であるパウロジョビンと共演とのことで
見送るどころか何が何でも観に行かなければと思い予約開始と同時に申込みました。
父親のカルロスジョビン来日時また観る機会があるだろうとパスしてしまい結局それが
最初で最後の来日公演となってしまい生でカルロスジョビンを拝むことが出来ずかなり後悔しました。
せめてその偉大なDNAを引き継ぐ息子の姿は生で拝んでおきたいという思いがあるのです。
DSC05448.JPG

今回の公演だけしかも数量限定ということでドリンクは”イパネマのSunshine”を注文してみました[バー]
IMG_3901.JPG

そして待ちに待ったライヴの始まりです!パウロのギターで小野リサは歌のみで最初の曲は
ルイーザ、続く2曲目のビンボンも小野リサはギターを持ちません、結局今回は最後まで歌に専念
ギターはパウロに全てお任せした様です。ちなみにこのビンボンという曲、「貧乏、貧乏~♪」と聞こえ
ボサノヴァ好きの間では有名な話し(笑)
DSC05413.JPG

その後、サマーサンバ等本当に皆さんが楽しめる曲が続き私が待ちに待ったソーホーのサンバの
演奏になった時、皆さんやはりこれを待っていたのか会場で手拍子が始まりました。
パウロジョビンの代表曲ですからもうこれを聴かないで帰れません(笑)
DSC05419.JPG

続いて7月1日に発売されたCDから2曲、「ユーブ・チェンジド」「あなたなしでは」[るんるん]
今回のライヴではこの2曲はパウロジョビンの選曲とのこと。
確かに今回のアルバムの中でどの曲が良いかと尋ねられたら真っ先にこの2曲を挙げるでしょう[猫]
DSC05433.JPG

最後はカルロスジョビンのライヴでもこの曲は締めによく演奏されていた「3月の雨」「イパネマの娘」
時折パウロの歌声が父親のカルロスジョビンに似ているなと思わせる箇所があり感動しながら聴いて
ました。そして今回も小声で歌を口ずさみカルロスジョビンとは歌えませんでしたがその息子である
パウロとは一緒に歌ったぞと勝手に喜んでいました(苦笑)
DSC05438.JPG

アンコールはボサノヴァの歴史的曲、シェガジサウダージ[exclamation×2]
英語なら全て歌えますがポルトガル語なので所どころ誤魔化しながら歌います(^^;
DSC05445.JPG

本当にあっという間に時間は過ぎてしまいました、次は孫のダニエルと歌いたい[わーい(嬉しい顔)]
DSC05441.JPG

最後にYou Tube にあった動画を貼っておきます、今回のライブの雰囲気に近いものをと思ったのですが
私が行くのをやめてしまい後悔した父親のアントニオカルロスジョビンが来日した時、日比谷野音で
行われたものにしました。父(ピアノ)と息子(ギター)の共演を楽しめます。
父(ピアノ)の左後方のギタリストが今回来日した息子のパウロジョビンです。
しかしこの頃はまだ若いです(笑)もう約30年前の演奏ですから(^^;
CORCOVADO ; Antonio Carlos Jobim


それでは鉄道ネタも[猫]
6月28日に快速かもしかとして運転された旧客の返却があったので撮影して来ました。
どこで撮ろうか迷った挙句結局多摩川と何の捻りもない写真になりました(苦笑)
編成も短いのでサイド強調でと最初はこの様なアングルで何枚か試し撮りしたものの
IMG_0411.JPG

やはり緑がうるさすぎるか結局無難なアングルで[あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_0436.JPG

せっかくなので客車の形式写真も、今回かなりのスピードで来たのでシャッター速度は1/1000で(笑)
←立川[電車]日野→
スハフ32 2357
IMG_0441.JPG

オハ47 2266
IMG_0444.JPG

スハフ42 2173
IMG_0445.JPG

この後に南武線E233の新津配給もあるので西国トンネル出口まで急いで移動[ダッシュ(走り出すさま)]
IMG_0454.JPG

他の日の撮影ですが南武線205系インドネシア譲渡配給を北府中~西国分寺で[犬]
IMG_0408.JPG

更にゆるキャラネタも[猫]
国分寺の丸井にレルヒさんがやって来るとのことで撮影して来ました。
国分寺丸井と言えば前回青森から決め手くんがやって来た時にかなり痛々しかったので
今回はどうかと思ったものの会場が前回と違い、いつも賑わっている地下食品売場で
しかも告知ポスターが何枚も親の仇の様に貼ってあったのでこれなら大丈夫とひと安心[わーい(嬉しい顔)]
しかも何度も館内放送でイベント告知も行われ結果大賑わいで大成功!
DSC05257.JPG

レルヒさんよかったね~[ぴかぴか(新しい)]色々なイベントでレルヒさんに会ってますがけっこう
他のキャラに人が集中して寂しい思いをしているシーンを何度か見ていただけにこの日は大満足だったのでは
DSC05302.JPG

名刺なども配っていました、子供たちにも大人気!
DSC05336.JPG

店内色々と歩きまわってくれたのも写真を撮る側からすれば嬉しい[exclamation]
DSC05381.JPG

もちろん私もお礼に笹だんごを買って帰りました[猫]
DSC05384.JPG
nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 20

コメント 6

hanamura

♪貧乏ォ、貧乏~♪bon!bon! オサレだわぁ~。いいなぁ~。
レルヒさん!!箱画などでしか、見たことありませんでした。
うわぁ~!レルヒさん!居たんだぁ!(変な感想でスミマセン)
シーフードカレーソース¥168 鯛のカレー???
by hanamura (2015-07-03 06:48) 

あおたけ

アツいブラジリアンナイトを満喫されていますね〜!
客席も手拍子で一体化というのが楽しそう(^^)
ビンボンという曲が、貧乏、貧乏~♪と聞こえる・・・
失礼ながらこの文章を読んでいたら
「ラブユー貧乏(ラブユー東京のパロディ)」の歌が
アタマのなかでヘビロテしています。。。スミマセン(^^;)

多摩川橋梁を行く旧客編成、シブいですね〜!
できれば1001ではなく青釜(しかも39号機)だったら、
かつての中央客レっぽかったのに・・・と思うのは、
贅沢ですよね(笑)
by あおたけ (2015-07-03 09:16) 

ゆるキャラ

hanamuraさん
貧乏ォ、貧乏~♪と歌っていたら散財し本当に今の私は貧乏(笑)
ここに来ると諭吉先生が何枚も一気にぶっ飛ぶので夢のあとの
現実はけっこうキビシイ~(苦笑)
レルヒさん明日、明後日の土、日曜もまたここに来るみたいです!
更に日曜はももずきんもやって来ますよ!(こちらはJRの七夕イベント)
シーフードカレーソース今度行った時調査して来ます(^^;

by ゆるキャラ (2015-07-03 16:20) 

ゆるキャラ

あおたけさん
ここでラブユー貧乏が頭に浮かぶあおたけさん
全く間違ってませんよ(^○^)ボサノヴァブームと
ムード歌謡ブームは時期的に同じだしムード歌謡と
言えばやはりラテン的雰囲気がありますし実際に
ボサノヴァのリズムの曲ってかなりあるので!
そして旧客ですがやはりそうですよね!
実は私も1001より39の方が嬉しかったんですよ。
色は茶で統一されているもののやはりロクヨンゼロの青色の
方がカッコイイのです!この時撮影地で偶然会った知り合いに
ロクヨンゼロで撮りたかったな~と漏らしていました(笑)
by ゆるキャラ (2015-07-03 16:41) 

しおつ

多摩川鉄橋の橋脚は補強で煉瓦が見えなくなってしまったんですね。
旧型客車のサイドビューは美しいですね。
しかし、鉄橋下の緑はすごい。
by しおつ (2015-07-06 21:48) 

ゆるキャラ

しおつさん
一番最初もっと川の流れの近くまで行って水面を入れて
撮ろうと進みましたが背丈以上の雑草に阻まれ
途中で諦め引き返して来ました。その時橋脚の
一部にレンガの部分はあったものの本当に少ない面積です。
私が撮ったアングルだと完全にレンガは見えませんね。
でも本当に旧客はどの形式も味わいがありうっとり見惚れてしまいます。
by ゆるキャラ (2015-07-07 00:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。